DAWNA.

自分の好き・得意を生かせる場を作りたいと,現在複数のプロジェクトを運営。
稼ぎよりもやりがい重視のワーカーホリッカー。職業は理科教員。
実験教室,3Dプリンタ,プログラミングの領域を中心に活動するサイエンスクラブ 代表。
地域の課題を観光視点で見つめる HUMAN PROJECT 代表。
坊津同年部会,若勢会代表。

2016年 4月 サイエンスクラブ 設立。
2017年 4月 中谷医工計測技術振興財団より1年間の助成を受ける。
     5月 サイクリングPR事業に着手。
2018年 11月 慶應大学SFC研究所主催 ファブ3Dコンテストにて教育ファブ機関賞を受賞。
2019年 2月 HUMAN PROJECT 設立。
     4月 中谷医工計測技術振興財団より2年間の助成を受ける。テーマ「STEM教育の実践を通じた地域密着型プラットフォームの実現」
           5月 サイクリングPR事業からヒューマンツーリズムProjectへ名前を変え、活動を開始する。
10月 行政と民間で止血帯法に用いる「希望のMYフック」を作成。
11月 慶應大学SFC研究所主催 ファブ3Dコンテストにて最優秀賞を受賞。

進行中のプロジェクト

STEM教育の実践を通じた地域密着型プラットフォームの実現
ヒューマンツーリズムProject パンフレット作成事業

経歴

22歳
大学4年生時,公立中学と私立高校の採用が決まり,母校である私立高校への就職を決める。
23歳
大学卒業時に,理学部賞を受賞。
教員1年目,スタート。
25歳
4月 サイエンスクラブを設立。近隣の中学校と連携して,プロジェクトを実施。
    自らの経験を積むために,大学院へ社会人入学を決める。
26歳
2月 県下一周駅伝10回出場。そろそろ駅伝に一区切りつけようと考え始める。
4月 中谷医工計測技術振興財団より1年間の助成を受け,サイエンスクラブの活動を充実させる。
4月〜3月サイクリンPR事業を生徒とともに立ち上げ,台湾へ渡航する。
27歳
7月 3Dプリンタと出会い,慶應大学主催のファブ3Dコンテストへの参加を決める。
10月 ファブ3Dコンテストへ学校の取り組みを応募。教育ファブ機関賞を受賞する。
11月 自分で稼げるスキルを高めたいと田舎フリーランス養成講座に参加する。

得意/好きなこと

  • 科学(大学入試の指導も行なっています)
  • 駅伝(15年目.スポーツ栄養学なども独学)
  • 読書(経済,歴史,サイエンス,小説など幅広い)
  • プログラミング(Python, HTML&CSSなどを中心に独学)
  • 3D設計(CADソフトを用いてモデリングし,3Dプリンタで出力できます)
  • 電子工作(Arduino, Raspberry Piを使用)
  • 写真加工, ポスター・パンフレット作成(PhotoshopやIllustratorを使用)